バスクのいいコトおいしいモノ~フランス暮しのグルメ帖~

料理・ワイン・お菓子・旅・好きなもの・ときどき帰省グルメ。

ノンファリーヌ(グルテンフリー)の我が家の定番お菓子[ココアの真っ黒ロールケーキ]

今までどれだけ作ってきたか分からない。ロールケーキの中でも、ココアのロールケーキをいちばんよく作る。 子供たちには、「真っ黒なロールケーキ」と呼ばれている。カカオの色が黒々しているから、言い当て妙だと思っている。 シンプルながら奥が深いロー…

チョコレートの街の隠れた逸品[とびきり上質な製菓材料カカオパウダー]

バイヨンヌはチョコレートの街として有名だが、売られているチョコレートはあくまでそのまま楽しみ味わうためのチョコレートであり、製菓用のクーベルチュールチョコレートはみつからない。 その代わり、とびきり上質の製菓材料が手にはいる。それはカカオパ…

パリのサロン・ド・テで食べたお菓子を再現したチョコレートケーキ[耐熱容器で焼くフォンダンオショコラ]

自分で作るなら、出来るだけシンプルな、家でしか食べられない味、美味しい瞬間を味わえるお菓子を作りたいと思っている。 チョコレートのお菓子は特にそう。あれこれ欲張らず、ストレートにチョコレートの美味しさを堪能出来るお菓子を作りたい。 今まで何…

製菓用チョコレートの最高峰ヴァローナのまとめ買い[チョコレートは値段変動が激しい食品です]

チョコレートはいつも切らさないよう、買い置きしている。お米が切れないように管理するのとおなじで、チョコレートの在庫管理をしている感覚だ。 お米と違う点は、消費量が一定しておらず、ムラがあること。季節やイベント、はたまた私の気分次第で、わが家…

フランス人は離乳食からチョコレート味に親しんでいる[チョコチップブラウニー&ピスタチオとサワーチェリーのブラウニー]

「そろそろチョコレートもデビューさせていいですよ」。 子どもが1歳をちょっと過ぎた頃だっただろうか。毎月通っていた小児科先生に言われた台詞である。 野菜、果物、穀物、野菜、魚・肉・・・検診ごとに離乳食指導をしてもらっていたなかで、いきなりチョ…

年に一度しか味わえないバスクの正統派チョコレート[バレンタインではなくお歳暮お年賀用のショコラです]

年末にチョコレートを4キロ注文した。主に夫の仕事関係の方々に、お歳暮&お年賀に配っている。 ショコラティエがたくさんある町だが、20年来、贔屓にしているショコラティエにまとめて注文する。「もっともバイヨンヌらしいチョコレートを」ということで、チ…

パリのお土産サダハルアオキのチョコレートを食べながら思ったこと[ボンボンマキアージュ]

ぺんてるのクレヨンを彷彿させる。箱の形も色鮮やかさも。商品名は「ボンボン・マキアージュ」なので、お化粧パレットをイメージしているらしい。 パリのお土産にいただいたサダハルアオキのチョコレートです。 左から、レモン、わさび、抹茶、柚子、パッシ…

家族友人が送ってくれた日本の食べもの[フランスの郵便事情のままならないことリスト]

年末年始にかけて、家族や友人から小包が届いた。もちろん、中身はほぼ100%食品である。 東北在住のお友達からの贈り物には、ご当地の味も。生麺タイプのラーメン、おせんべい、干し芋、酢味噌、餡いろいろ、お餅などなど。本当に嬉しいです。 海外暮らしに…

フランス・バスク地方の星つきレストランは計10軒[ミシュラン・フランス版2019結果発表]

悪い噂は的中した。バスクの1つ星レストラン2軒がその星を失ってしまった。 小さな町は噂が流れるのが早い。フランス人はオシャベリだ。噂話も大好きである。食べるの大好き人間も多い。地元の有名シェフの話題などは、スピードと好奇心をもって、街をかけ…

ミシュランガイド フランス版 2019 本日発表予定です[まるで紅白歌合戦の出場歌手発表みたいな]

今朝ラジオから流れてきたニュースに驚いた。 「本日午後(フランス時間)、ミシュランガイド・フランス版2019が発表される予定です」。 あれ?例年は2月に発表だったのに、今年はだいぶ早めの発表のようです。 家族のお祝いや記念日などに、地元の星つきレ…

あのロングセラーお菓子の原型とおもわれるフランス地方菓子[ブルターニュのお土産その2]

フランスのスーパーで買えるお菓子のなかで、私が愛してやまないお菓子はひとつだけ。それはクレープ・ダンテルである。 スーパーには大手メーカーの品しか売っていませんが、ブルターニュ本場に行けばローカルのお菓子屋さんのご当地クレープ・ダンテルがい…

塩バターキャラメルの朝ごはん[ブルターニュのお土産その1]

日本帰省するたびに、お土産選びに苦労する。 冬場なら簡単だ。エシレなどの高級バターとバスクの羊チーズ。これがまちがいなく喜ばれる。ブランド力と価格比率、この2点がポイントですね(笑。 問題は高温多湿な夏。バターとチーズがないとしたら、いったい…

ルブルターニュ(現店名ブレッツカフェ)の初ガレット&シードル飲み比べ

東京神楽坂に初めて、ブルターニュ本場のクレープリー「ル・ブルターニュ」がオープンしたのは96年。なんとすでに20年以上もたつのです(おそろしいことに)。 友人に誘われて、オープンしたての神宮店(現在の「ブレッツカフェ」)に行ったときのことは今で…

塩バターをつかったりんごの焼き菓子[リンゴとキャラメル塩バター入りのクロワッサン]

お菓子には無塩バター。いまやお菓子づくりの常識である。フランスでも日本でも、お菓子のほとんどは無塩バターでつくることが多い。 今更ながら、手元にある日本のお菓子本を開き、材料説明の頁をみてみた。こんな風に書いてある。 バター 特に表示のない場…

地元客に愛されるパン屋さんのクイニーアマン[ブルターニュの地方菓子]

「迷ったら、ローカルの人」 土地の情報は、地元の人に聞くのが間違いないと思う。 ブルターニュの特産品である塩バターをふんだんに使った地方菓子。パンのような、パイのような、サブレのような、噛み応えある独特の食感も魅力的です。 せっかくブルターニ…

生春巻きの皮をフワリとのせた蟹と大根のサラダ&冬野菜の蕎麦粉タルト[ブルターニュの食べ歩きメモ]

以前は、レストランで食べて印象に残った料理をノートにメモしていた。いわゆる食べ歩き帳みたいなものである。 でも、今はこうしてスマホで撮って済ませている。 絵心がないので、ヘタなイラストよりも写真のほうがリアルだ。 こうしてブログで残しておけば…

ボルディエバターをのせたガレットとクレープ[究極の塩バター&砂糖のクレープ]

熱々のクレープに、ボルディエひとかけ。 クレープの熱でじわじわ溶けていくバターを、ナイフでさーっと塗り広げる。 こんがりキツネ色に焼くあがったガレット&おいしい塩バター。 サンマロは、どこまでもボルディエバターの街だった。 ガレットやクレープに…

朝食ビュッフェにボルディエのバターがある幸せ[サンマロが誇る極上の手作りバター]

旅のいちばんの愉しみは朝食だ。 フランスはもちろん、ヨーロッパのほかの国々、そして日本でも。お国柄、地域性、特産物がひと目で分かる。それがとっても楽しい。 サンマロで宿泊したホテルの朝食に、かの有名な「ボルディエのバター」が積まれていたので…

フランスの南国から北国へ[真冬のブルターニュ旅行記]

年末はブルターニュで過ごした。 旅先候補として、ポルトガルはリスボンか、フランスはブルターニュ、というバラバラな2箇所が挙がったのだが、冬らしい場所に行こうということになった。 バスクはフランスの南西部で、ブルターニュは北西部。バスクから700k…

ストウブ鍋でじっくり煮込んだロールキャベツ[シュークルート用キャベツ&サワークリーム添え]

結婚してから、一度もロールキャベツを作ったことがない。 夫の母のお得意料理だからだ。 初めて食べたときは、衝撃をうけた。 私がそれまで食べてきたロールキャベツとは別物だった。 別物なのは、当たり前だ。 キャベツの種類から下ごしらえ、肉ダネに入れ…

フォアグラに添えたのは、マルシェで買ったフルーツ羊羹[フォアグラの切り方&料理道具&食べ方]

クリスマスの献立つくりは、夫婦の共同作業にしている。食材、お互いの得意ジャンル、作りたいもの、やる気度(笑 などを天秤にかけて、組み立てていく。 悩んで前日まで献立が決まらない年もあるが、クリスマス2018はすんなり決定。 秋にペリゴールで買って…

ガレットデロワとシャンパンで新年を祝いました[皮つきアーモンドのクリーム&お猿さんのフェーブが当たった!]

最低3回。多いと5回。 毎年、この時期にガレットデロワを食べる回数である。 今年第一弾のガレットデロワは義母宅で。写真ではあまり大きくも見えませんが、30センチ大の巨大なガレットです。地元の有名パティスリーのもの。 日本人で、しかも正直このお菓子…

ホテルクリヨン出身パティシエのつくるリンゴのデザート2種[グラニースミスのタタン風&りんごの薄焼きパイ]

りんごは百面相のフルーツだ。 ほぼどこでもいつでも手に入る果物だけど、 家庭的にも、洗練された風にも、と表情豊かに 変貌するフルーツだから。 りんごが主役のお菓子やデザートに 出会うたびにそう感じる。もちろん、優れた技術とセンスをもつ パティシ…

バスク料理はなぜ日本人に人気があるのか?[イカ・タコ・蟹・海老があるから]

イカ、タコ、カニ、海老。 もちろんホタテも。 ついでに、ピカピカの鯖やイワシなどの青魚も。 しかも、マグロやカツオまで。 日本人が愛してやまない海の幸が、バスクには勢ぞろいする。 バスクにはおいしい店が多い。 日本人がおいしく感じる料理が多い。 …

バスクの料理人一家が経営するミシュラン星つきレストラン

スポーツ一家、芸能一家、政治家一家。 子どもが親の道と同じ道に進むケースは多い。 料理の世界も同じらしい。 フランスでは、とくにバスク地方では料理人一家が多く、 親子で料理人、家族代々料理人という話は珍しくない。 辺鄙な山の中にたつ、瀟洒なスペ…

生牛乳から取れる生クリームはFortnum&Masonのクロテッドクリームとそっくりな味がします[オールドファッション・ストロベリーショートケーキ]

バスクの生牛乳から抽出できる生クリームはとても濃い。 初めてこの純生クリームを試食してみたとき、 私の中の美味しい記憶が鮮烈によみがえった。 若い頃に訪れたロンドンで初めて口にした クロテッドクリームと同じ味!と。 生牛乳の上澄みをすくってグル…

1リットルの生牛乳から約40mlの生クリームがとれます[自家製の純生クリーム]

煮沸殺菌した生牛乳は、粗熱がとれたら冷蔵庫へ。 しっかり冷えると、乳脂肪が上に固まり、膜をつくる。 厚さ2mmくらい。それをスプーンですくいとる。 正真正銘の純生クリームである。 しっかり一晩以上冷やすと、脂肪分がしっかり上にのぼって取りやすくな…

生ミルクを煮沸殺菌する方法[フランス調理器具メーカーdeBUYER社のミルク鍋]

朝市で買ってきた生牛乳は、家に戻るなり煮沸殺菌をする。 夫や、『アルプスの少女』のハイジやペーターのように、 生牛乳を飲んでも平気というツワモノもいるが、普通はお腹を こわすものらしい(試したことはないけれど)。 さすがヨーロッパだなと感心す…

フランスの田舎のマルシェで買える生牛乳

毎週、マルシェで生ミルクを買う。1週間4リットルの予約制。 生牛乳が手に入るのは、酪農王国フランス田舎住まいの 特権だと思う。 酪農家というほどの酪農家ではない。牛を1、2頭飼っている 零細農業の人がバスクにはたくさんいる。そういう人が、自分の牛…

バスクのマルシェのとれたて野菜

毎週、朝市で買い物をする。結構な大仕事である。 日本のような食料宅配システムや、Amazonフレッシュ(お恥ずかしながら、 アマゾンフレッシュ自体、勝間和代さんの『食事ハック』で知った!) などといったサービスは、フランスの田舎では遠い夢の夢。 そ…