バスクのいいコトおいしいモノ~フランス暮しのグルメ帖~

料理・ワイン・お菓子・旅・好きなもの・ときどき帰省グルメ。

「チョコレートの街」バイヨンヌのショコラショー

ショコラショーがますます美味しい。

一年中飲んでいるが、気温が下がれば下がるほど、

北風が吹けば吹くほど、美味しく感じる。

寒い日が嬉しくなるなんて、なんて素敵な飲み物だろう。

 

 f:id:mamiteeto:20181208032219j:plain

今年一番の北風が吹いた日に。冬のお日様を浴びながら、濃厚ショコラショーを

飲むと身も心も温まります。 

 

フランスのチョコレート文化発祥の街、「ショコラの街」に住んでいる。

どのくらいのチョコレートぶりなのかというと、

家から徒歩10分圏内に8軒のチョコレート屋んが

あるといったら、お分かりいただけるだろうか。

肉屋や魚屋などのほかの食品店はもちろん、フランス人が日々通うパン屋

の数をも上回っている。

 

 f:id:mamiteeto:20181208030840j:plain

 一番のお気に入りは「ショコラパスカル」のショコラショー。濃厚で甘み控えめで、

ホイップクリームが上質で。言うことなしです。

 

ショコラショーは、カフェやサロンドテ、ホテルのバーなど、

飲み物をサービスするところならどこでも飲める。

でも、チョコレート専門店であるショコラティエ

つくるショコラショーが断然においしい。

餅は餅屋、チョコレートはチョコレート屋である。

 

この国の景気はよろしくないし、バスクは決して裕福な地方でもない。

商店街にはテナント募集の空き家が何軒もあるし、

オープンしたてのお店が数年後に閉店、なんていうのはざらだ。

 

でも、この街のショコラティエが潰れたのを見たことは一度もない。

むしろ逆で、ここ最近になって新規参入店まで増えている。

 

強い。ショコラ最強。これこそが、「チョコレートの街」たる所以だ。