バスクのいいコトおいしいモノ~フランス暮しのグルメ帖~

料理・ワイン・お菓子・旅・好きなもの・ときどき帰省グルメ。

生牛乳から取れる生クリームはFortnum&Masonのクロテッドクリームとそっくりな味がします[オールドファッション・ストロベリーショートケーキ]

バスクの生牛乳から抽出できる生クリームはとても濃い。

 初めてこの純生クリームを試食してみたとき、

私の中の美味しい記憶が鮮烈によみがえった。

 

若い頃に訪れたロンドンで初めて口にした

クロテッドクリームと同じ味!と。

 f:id:mamiteeto:20181219233653j:plain

生牛乳の上澄みをすくってグルグルっと数回かき混ぜると、クロテッドクリームの出来上がり。この風味、この濃度。Fortnum&Masonのティルームで食べたあの味そっくり

 

優雅なティールームで、イギリスお決まりのスコーンを食べたとき、

スコーンの味よりも本場のクロテッドクリームの美味しさに感動した。

  

生ミルクを沸かして、冷やして、上に固まった部分はまさに

あの味。Fortnum&Masonでの美味しい記憶と、自分の台所で出来上がった

クリームの味が照合したときの喜びは、いまだに自分の中に残っている。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

クロテッドクリーム  (clotted cream)はイギリス乳製品。イギリスの南西部・デヴォン州で2000年以上も前から作られてきた伝統的クリームジャムとともにスコーンに付け食べられるのが一般的である。脂肪分の高い牛乳を、弱火で煮詰めたものをひと晩おいて表面に固まる脂肪分を集め作られる。脂肪分は60%程度であり、バター(80%)よりは低く、生クリーム(30〜48%)[1]よりは高い。

 

 これを読むと、納得する。

「脂肪分の高い牛乳を弱火で煮詰めたものを一晩おいて

表面に固まる脂肪分を集め」のくだりは、まさに私がやっている作業。

つまり私は毎週せっせとクロテッドクリームという副産物を

つくっているということ。

 

f:id:mamiteeto:20181220024810j:plain 

 イチゴの季節に作るデザート。生クリーム入りのスコーン生地、いちごのソース、クロテッドクリームの組み合わせは最強です。イチゴのショートケーキの原型とも言われているアメリカのデザート「オールドファッション・ストロベリーショートケーキ」。外では絶対に食べられないデザート、自家製生クリームのおいしさを堪能できるデザートなのでお気に入りです。

 

 ヨーロッパの乳製品ラインアップというのは、お国の食文化に

よってまったく異なる。

フランスにはもちろん紅茶&スコーン文化はないので、クロテッドクリーム

見つからない。クロテッドクリームを知らないどころか、スコーンすら

知らないフランス人も多い。

 

日本人である私には、自国の乳製品文化などない。

いろいろな国のおいしいものを、自由に体験するだけ。

生ミルクのおかげで乳製品文化の良いとこ取りを楽しんでいる。

 

www.mamiteeto.com

 

 

www.mamiteeto.com

 

 

www.mamiteeto.com