バスクのいいコトおいしいモノ~フランス暮しのグルメ帖~

料理・ワイン・お菓子・旅・好きなもの・ときどき帰省グルメ。

バスク料理はなぜ日本人に人気があるのか?[イカ・タコ・蟹・海老があるから]

イカ、タコ、カニ、海老。

もちろんホタテも。

ついでに、ピカピカの鯖やイワシなどの青魚も。

しかも、マグロやカツオまで。

 

日本人が愛してやまない海の幸が、バスクには勢ぞろいする。

バスクにはおいしい店が多い。

日本人がおいしく感じる料理が多い。

それはたぶん、豊富な魚介料理が多いからではないかな、と思う。

 

 f:id:mamiteeto:20181223014643j:plain

1つ星レストラン「フレール・イバルブール」の前菜料理。メニューでは鯵だったのですが、その日は鯵が入手できなかったということでカツオに変更でした。下にしいてあるソースには味噌が使われています。

 

以前、サンセバスチャンのバールでピンチョスを食べていたら、

すぐ隣に、日本人夫妻がやってきた。

慣れた感じで注文していたし、何よりもその豪快な食べっぷり、

ひたすら幸せそうな様子が尋常ではなかった。

見ている私まで嬉しくなってしまい、思わず声をかけた。

「サンセバに住んでいる方ですか?」と。

 

すると、「いいえ、ドイツに住んでます」という返事が返ってきた。

その方たちが暮らすドイツの街では新鮮なイカ、タコ、カニ、海老など

夢のまた夢らしく、定期的にバスクに飛んできて、

まとめ食べしているらしい。道理で慣れていて、

道理でおもいっきり幸せそうだったわけです。

 

 f:id:mamiteeto:20181223014747j:plain

メインは、カニ・タコ・イカ尽くし。カニのラビオリ、イカイカ墨煮。うつわがアジアンテーストです。

 

ヨーロッパは広い。

ヨーロッパ在住の日本人の数がどれほどいるかは

想像もつかない。

 

その国の料理が美味しいとか美味しくないとか、

好きとか好きじゃないとかは、あまり関係ないと思う。

その国の食材で日々自炊するのを基本とすれば、

どの国にいるかよりも、海の沿岸かどうか、

新鮮な素材が手に入るかどうかでも、

食生活の幸せ度が変わってくると思う。

 

 パリやフランクフルトのような日本食スーパーは

ないですが。バスクに住む日本人の幸せ度は高めです。

 

 

f:id:mamiteeto:20181221191028j:plain

 フレールイバルブールの店内は、バスクの7色ストライプのカーテンです。

  

www.mamiteeto.com