バスクのいいコトおいしいモノ~フランス暮しのグルメ帖~

料理・ワイン・お菓子・旅・好きなもの・ときどき帰省グルメ。

生春巻きの皮をフワリとのせた蟹と大根のサラダ&冬野菜の蕎麦粉タルト[ブルターニュの食べ歩きメモ]

以前は、レストランで食べて印象に残った料理をノートにメモしていた。いわゆる食べ歩き帳みたいなものである。

 

でも、今はこうしてスマホで撮って済ませている。

絵心がないので、ヘタなイラストよりも写真のほうがリアルだ。

こうしてブログで残しておけば、後々まで思い出しやすいかと思う。後は、自分の継続力次第といったところでしょうか(笑。

  

f:id:mamiteeto:20190114182235j:plain

サンマロの家庭的なビストロ風レストランで。


ブルターニュで素敵な料理に出会った。前菜の「蟹と大根のサラダと米のガレット」。美味しくて、懐かしくて、斬新だった。

美味しかったのは、ブルターニュの蟹。ブルターニュは蟹や牡蠣が有名です。

懐かしかったのは、蟹と大根の組合わせ。さっぱりレモン風味が日本の家庭料理のような味わいで、口にした瞬間に実家の大根サラダが思い出された。

f:id:mamiteeto:20190114192648j:plain

選んだワインは、Domaine des Poncetys ブルゴーニュのサンヴェラン。

斬新だったのは、米のガレット。

日本でいうところの生春巻きの皮のことですが、具を巻かず、ふわっとサラダの上にのっかっていたのが気に入った。

蟹と大根と一緒に口に運べば、サラダのふんわり感をそこなわず、口の中で生春巻きみたいなアジアテーストも少々。ぜひ自分でもやってみたいアイディアです。

  

別のお店でいただいた、根菜類のタルトも印象に残った。

カブや大根、にんじん、ビーツ。冬の根菜類がたくさんのったタルトである。タルト生地はブルターニュらしく、蕎麦粉でザクザク食感。

生地と根菜類の間には、ねっとりしたタロイモのペーストがはさまっており、これが生地と野菜類の橋渡し的なアクセントになっている。

f:id:mamiteeto:20190114182424j:plain 

できるだけ野菜たっぷりでヘルシー(?)な料理を選ぼう、という目論見にぴったりな一品でした。

それにしても、ブルターニュの各レストランでも、「dashi 出汁」「Yuzu柚子」「Wasabi 山葵」「  Miso 味噌」をメニューでたびたび見かけた。もはや見慣れてしまったとはいえ、地方のふつうのお店で見かけると嬉しくなる。

 

www.mamiteeto.com

   

www.mamiteeto.com

  

www.mamiteeto.com